Safariで常にプライベートブラウズ

Launchbarなどの外部アプリと連携させやすいのでSafari (現時点でバージョンは4.0.3)を使い始めたのだが、非力なMacBook AirでSafariのURL及び検索テキストボックスに文字入力すると、数秒以上固まってしまうことが頻繁にある。

閲覧履歴や検索履歴からのオートサジェスト機能のせいで起こる現象らしく、Menu-Safari から「Safariをリセット」すると、いったんは解消するが、履歴がたまってくるとまた元に戻ってしまう。そこで一切の履歴を残さないプライベートブラウズ機能を利用することにした。そもそもブラウザのオートサジェストにさほどメリットは感じていなかったので。

Safariでプライベートブラウズ機能を使うには毎回指定してやる必要があるのだが、これは少々面倒だ。以下のようなAppleScriptを使って起動すれば、自動的にプライベートブラウズが有効になる。

tell application "Safari" to activate
tell application "System Events"
	try
		tell process "Safari" to click menu item ¬
			"プライベートブラウズ" of menu "Safari" of menu bar 1
	on error
		tell process "Safari" to click menu item ¬
			"Private Browsing" of menu "Safari" of menu bar 1
	end try

	if exists button "OK" of window 1 of application process "Safari" then
		click button "OK" of window 1 of application process "Safari"
	end if
end tell

言語環境設定が日本語の場合と英語の場合で処理を分岐させたかったのだが、よく分からなかったので、例外処理でごまかしている。一応、どちらの環境でも動いている。

[追記] 上記スクリプトの実行方法などはコメント欄を参照のこと。

タグ:
カテゴリー: article
Safariで常にプライベートブラウズ” への1件のコメント
  1. ta2 より:

    はじめまして。

    スクリプト初心者です。
    コンパイルしてみたのですが上記のような色分けがされず
    青と黒の2色になりました。なぜでしょうか?

    また保存の際のフォーマットはどれを選択すればよいのでしょうか?
    保存先はどこでもよいのでしょうか?

    ご教授願います。

  2. yohasebe より:

    ta2さん

    上記スクリプトのカラーリングはこのブログの設定によるもので、実際とは異なります。AppleScriptエディタでコンパイルしたところ青と黒の2色になったとのことですが、これは無事にコンパイルできていることを意味します。保存の方法はいくつかありますが、以下のようにすると、Safari2というアプリとして扱えるようになります。

    1. ファイル-保存
    2. ファイルフォーマットを「アプリケーション」に
    3. オプション「実行専用」をチェック
    4. 名前を「Safari2.app」に
    5. 適当な場所(/applicationでいいと思います)を指定して「保存」

    お試しください。

  3. ta2 より:

    なぜか実行されません・・・

    • yohasebe より:

      ta2さん

      以下をご確認ください。

      「システム環境設定」-「ユニバーサルアクセス」で「補助装置にアクセスできるようにする」にチェック

      AppleScriptを実行する際には多くの場合これが必要になります。

  4. トンちゃん より:

    いやー!とても便利です。
    MacOSX Snow Leopard 10.6.6 で Safari 5.0.4の起動に使えました。Automator ばかりに気を取られていて、AppleScriptの存在を忘れていました。
    ありがとうございました。

コメントを残す